口コミサイト等から選びましょう

相続税を申告する場合は納税者自身が税額を計算するという方法もありますが、それだとトラブルなどに見舞われて正しく税金を納められなくなることがありますね。税理士のなかにはあまり相続税の経験がないにもかかわらずそのことを隠す人も少数ですがいるので、実力のある税理士を選ぶコツとしては税理士に関する口コミサイトでその税理士事務所のことを調べておきましょう。知り合いの資産家に相談してみるのも面白い選び方ではないでしょうか。

電話してみたり相談会に行ってみましょう

税理士事務所のスタッフの対応が悪いところは実績もあまり大したことが無いことが多いので、日本全国の中から高評価をされているところだけ選ぶとよいです。小規模な税理士事務所だからといって頼りないと決めつけるのは良くないですね。規模が小さいところでも大手の税理士法人で活躍していた人が独立してつくった事務所であり、かつ弁護士やフィナンシャルプランナー・司法書士などにネットワークをもっていることがありえるからです。

最初の面談までに準備しておこう

どの税理士事務所に依頼するのか決めたら、初回の面談までに債務がいくらくらいあるのか・相続人は誰なのかといったことなどを聞かれることになるので、早めに相続税の納税を終了させるためにもどういった書類や事実関係の確認が必要なのか確認しておくとよいでしょう。また、相続する相手が外国人の場合は余計に役所に確認などをする手間等が増えるので、その場合は英語でサービスをしてくれたりできるのかも細かく確認を取った方が良いでしょう。

相続の申告を税理士に任せることについて紹介します。遺産分割について知ることも出来るし、人数加算報酬額について知ることも出来ます。