所有している資産以上の取引が可能

株式投資の世界における信用取引とは、現在自分の所有している資産や株式を担保に、証券会社から自分を信用してもらい、お金を借りて自分の資産以上の取引を可能にすることを言います。最大で、自分の所有している資金の3倍までの取引が可能になりますので、上手に利用すれば利益も3倍まで上げることができます。例えば、所持金が100万円の場合は、通常の取引では100万円分の取引しか行えないのは当然ですが、この信用取引を利用することによって300万円までの取引が可能になるのです。

株価が下がっても利益の出せる仕組み

これは通称、『空売り』と呼ばれるものですね。通常の株式投資は株価が安いときに買って高いときに売り、その差分を利益とするのですが、この『空売り』は真逆の発想で、株価が下がれば儲かるようなシステムとなっています。具体的には、証券会社から株価1000円の株を100株借りてそのまま空売りしたとします。その後、株価が900円まで下がったときにその株をすべて買い戻し、証券会社に返したらどうなるでしょう?借りたときは10万円の価値があった株ですので、下がったとき(9万円)で買い戻して証券会社に返したらその差分が1万円発生しますよね。こうやって利益を得ることも可能になるのです。

株主優待をもっとお得に

株主優待には本当に魅力的なものが多く存在しますよね。実はこの『信用取引』をうまく利用することで、リスクなく株主優待を手に入れることも可能になるのです。前述した信用取引での売りの注文(空売り)と、現在自分の所有している資金での買い注文(現物取引)とを同時に出すことでうまく相殺させ、売買した際に発生する手数料だけで株主優待を手にすることができるのです。しかし、この方法を利用した場合、取引を完全に相殺させますので、利益が出ることはなくなってしまいます。

信用取引のいいところは、手持ちの資金以上の取引が可能なところです。普通の取引と比べて、儲かるときはより儲かりますが、損する場合はより損します。