そもそもVBAてなんじゃろ?

VBAはVisual Basic for Applicationsの頭文字を取ったもので、マイクロソフト社が提供しているプログラム言語の名称です。エクセルやアクセスだけでなく他のオフィスソフトでも使用できます。基本的に自分で記述したほうがより高度なプログラムができますが、とりあずこの繰り返しの作業だけ自動で行いたいというときには、キー操作の記録を行うことで自動で生成されます。とっつきにくとは思いますが、まずはやってみますか!

マクロの記録をやってみよう

エクセルのデフォルト画面ではマクロの記録ができるリボンは見えません。まずここからですが、リボンの表示されている部分で右クリックし出てきたメニューから「リボンのユーザー設定(R)」をクリックします。するとダイアログボックスが表示されますので、右側のリボンのユーザー設定(B)の下にあるメインタブボックスに開発というメニューを見つけます。チェックボックがオフになっているので、クリックしてオンにします。OKをクリックし、元の画面に戻ると開発タブが表示されているはずなので、クリックします。左側にマクロの記録ボタンが確認できましたか?

かんたんな記録をしてみよう

それでは、かんたんな記録をしてみましょう。記録させるのはA列セルとB列セルに入力されている数字の加算式をC列に記入するものです。A列とB列には予めランダムな数字を入れておきます。あなたはC列にカーソルを合わせましょう。とりあえずC1にしますか。C1セルにカーソルを移動し、マクロの記録をクリックします。そのただ前にその下にある相対参照で記録するをクリックしましょう。ダイアログボックスが出ますのでOKをクリックします。ではC1セルに”=”を最初に入力します。その後カーソルをA1に移動し次に”+”を次にB1セルに移動しエンターキーを押します。ここでマクロの記録をストップさせます。次にマクロボタンを押し、いま作成したマクロ名(多分Macro1)の編集をします。するとVBAのコードが表示されます。英語が多少できる方ならないが記述してあるかわかると思いますが、今やった動作が記録されています。こんな感じですかね「 ActiveCell.FormulaR1C1 = ”=RC[-2]*RC[-1]”」簡単でしょ!

MOS講座で学ぶメリットとして、高度な事務処理の能力を得られることや、パソコンの操作方法を理解できることがあります。