自己破産は弁護士に頼むのがセオリー

借金問題で首が回らなくなってしまったとしても、自己破産をすれば借金を全額チャラにすることができるのはご存知の通りですよね。ただ、自己破産は裁判所に申請をしなければならないので、素人が一人で行うのは非常に難しいです。基本的に弁護士さんを雇って、代わりに手続きをしてもらうわけですが、その場合はもちろん弁護士さんに支払う費用が発生してしまいます。お金がないがゆえに自己破産をするわけですから、弁護士費用が払えないケースは多くなって当然でしょう。

民事法律扶助制度を使えばお金がなくても大丈夫

こうしたケースが多く発生することは、もちろん想定内です。お金がない人でもきちんと自己破産の手続きができるように、弁護士会も考えています。民事法律扶助制度というものがあって、これを利用すれば、自己破産時に必要になる弁護士費用は立て替えてもらえるのです。最安値に近い値段なのも嬉しいポイントですね。この制度があるがゆえに、借金で首が回らなくなったとしても自ら命を絶ってしまう必要性はまったくないわけです。

立て替えてもらった費用は長期返済も可能

立て替えてもらった費用については、安い金利でゆっくりと返済をしていけばいいので、心配は無用です。自己破産をして生活を立て直すことができれば、収入も安定してくるはずですから、返済も無理なく行えることでしょう。自己破産は非常に大きな価値のある法律行為なので、安くできるということだけはぜひとも知っておきましょう。この制度を知っているかどうかで、人生の危機を上手く乗り越えられるかどうかも変わってくるので要注意です。

自己破産とは全ての借金を免除してもらう手続きです。20万円以下の貯金は残せますが、他はすべて手放し換金して債権者に返済します。