初めてなら尚更プロに依頼した方が良いです

相続税に関する法律が変更したときなどは特に初心者にとって難しい手続きが続きますよね。相続した資産が多岐にわたっている場合は特に税理士に相談した方がスムーズに納税できます。また、相続税というのは手続きが複雑ということもあり申告漏れを指摘されやすいのでプロに依頼した方が確実性がアップします。税理士のなかには駆け出しのプロも確かにいますがベテランも多いので経験豊富な人に頼って申告をアウトソーシングしてみるとよいでしょう。

信頼できそうな税理士を見つけよう

税理士のなかには問い合わせをして来る人達に対して偉そうな態度を取る人が確かにいますが、そういった態度の人たちではなくスタッフが謙虚に応対してくれるところを選びましょう。また、他の基準としては料金体系を明確にしており、かつ事前に幾ら負担すればよいのかを提示してくれているところですね。そういった透明性の高い会社なら概ね信頼できる確率は高いでしょう。クライアントからの相談に真摯に向き合う姿勢というのも判断基準にしたらよいです。

他にはどこをチェックしたらよいのか

評判の良い税理士事務所なら何度もクライアントを自分のオフィスに呼ぶことはまずしないですよね。一度お願いしたら何度か電話もしくはメールでコミュニケーションをとるだけで済むことが多いです。また、良さそうな税理士事務所を見つけたら資料請求することを検討するのも良いでしょう。地元密着型の事務所もありますが、日本全国に対応している税理士法人も多いので口コミなどで評価の高い事務所があったらそこが遠方にあるとしても依頼はするとよいですね。

相続税の税理士とは相続税を節税するためや税務調査を回避しやすくするために依頼する相続税専門の税理士のことです。